一日,何時間睡眠,とる,適切,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

一日何時間睡眠をとるのが適正なのか

一日何時間睡眠をとるのが適正なのでしょうか?

 

 

一日,何時間睡眠,とる,適切,
日本人の平均睡眠時間は6時間22分でかなり睡眠時間が短いです。これだけ睡眠時間が短いのは日本人が忙しい日々を過ごしている証明でもあります。

 

 

しかし、この睡眠時間が適正だとは思わないでください。

 

 

適正な睡眠時間は人によって異なります。もっと言ってしまえば睡眠時間はどれだけ深い睡眠を取れているかで決まります。浅い睡眠しか取れていない人は10時間以上寝ても疲れはとれませんし、逆に深い睡眠が取れている人は6時間睡眠でも十分なのです。

 

 

 

肉体的疲労や精神的疲労が激しい人は長時間寝てしまう傾向があります。

 

 

私もたまによくあるのですが、睡眠時間が8時間を超えることがザラです。特に前日に熱中して仕事をしていたときほどその傾向が強く、一日に何時間睡眠を取るのが適正かというのは人によって異なります。

 

 

ただ、睡眠というものは量ではなくて質です。

 

 

質の高い睡眠を確保すれば睡眠時間が短くても通常どおりの行動を心がけることができます。質の高い睡眠を確保したければセロトニンをしっかり摂り、深い眠りにつくための下準備を行うのが大切です。

 

 

 

1日の睡眠時間が長くて悩んでいる人は沢山いらっしゃいますが、それはただ単に睡眠の質が悪い可能性が高いです。

 

 

 

また、現実から逃れるために睡眠時間を長くしているケースも存在します。実際私がそうだったのですが、辛いことばかり訪れる人生を歩んでいると何もする気がなくなって睡眠に逃避するのです。

 

 

なぜ睡眠に逃避するかというと、嫌なことを考えなくて済むからです。

 

 

これが睡眠時間が長くなる最大の原因になります。睡眠時間が長くて仕方がない人は「今、自分は人生を楽しんでいるのか」と問いかけてください。多くの人はノーと答えると思います。

 

 

 

ストレスが溜まれば溜まるほど精神的疲労が蓄積され、睡眠時間が長くなると思ってください。

 

 

だから適正な睡眠時間は人や環境によって異なるのです。普段の睡眠時間が7時間という人も、激務の後は15時間くらい寝ることも普通です。深い睡眠を取っていればもう少し短くすることができますが、睡眠時間が長くて仕方がない人は睡眠環境を見直しましょう。

睡眠時間を短くして疲労を取りたければどうしたら良いの?

睡眠時間を短くして疲労を取りたければどうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

一番良いのはセロトニンを増やしたり、精神的疲労を減少したりすることです。

 

 

 

 

仕事の悩みがたくさん存在すると休日は長時間寝てしまいます。

 

一日,何時間睡眠,とる,適切,

 

これは長時間睡眠を経て今の自分の中に溜まっているストレスを全て吐き出そうとする人間の防衛本能です。だから人は長時間寝た後は気分がすっきりするのです。

 

 

 

 

 

ただ、長時間睡眠は時間の無駄遣いとも考えることもできます。

 

 

 

長時間睡眠を取らなくてもしっかり疲労を回復して精神的疲労を減らす方法は存在します。それはセロトニンの原料となる睡眠サポート飲料を飲むことです。

 

 

私も飲んで凄く良かったと感じたのはマインドガードDXです。

 

 

不眠の悩みにマインドガード

 

 

マインドガードDXは睡眠時間を短くしたい人に適している休息サポート飲料です。先ほど、睡眠時間が長くなってしまうのは精神的疲労が原因だと述べましたが、マインドガードDXは深く眠れない人の対策のために作られたサプリです。

 

 

 

精神的疲労を軽減すれば睡眠時間は短くなっても平気です。1日の睡眠時間が6時間でも適正になるため、より深い睡眠を取って疲労を取り除きたければ寝る前にマインドガードDXを飲んでください。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


一日,何時間睡眠,とる,適切,

関連ページ

質の良い睡眠とは一体何なのか?
質の良い睡眠はノンレム睡眠のことを言います。ノンレム睡眠の時間を増やせば疲労も回復でき、ストレスも解消されます。