カフェイン,飲み物,飲まない,眠れる,眠れない,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

カフェインが入った飲み物を避ければ眠れるようになる

あなたはカフェインが含まれた飲み物をよく飲んでいますか?

 

 

カフェイン,飲み物,飲まない,眠れる,眠れない,

 

 

 

これは常識レベルで有名な話ですが、カフェインが含まれた飲み物を飲み過ぎてしまうと眠くなってしまいます。特に昼間カフェインが入ったコーヒーや栄養ドリンクを飲むと夜眠れなくなってしまうので気をつけてください。

 

 

 

 

また、カフェインを摂ると眠りが浅くなる効果もあります。

 

 

 

深い眠りについて疲れをとりたければカフェインは絶対に摂らないように心がけるのが良いでしょう。夜しっかり眠りたい人にとってカフェインは大敵で、カフェインの入った飲み物を飲まないだけでだいぶ眠れるようになります。

 

 

 

実際に私がそうでした。

 

 

 

私は一時期全く夜眠れない時期があったのですが、その原因はコーヒーを飲み過ぎていただけでした。

 

 

「ただの馬鹿じゃん」と思うかもしれませんが、これは盲点だったのです。昼間眠くなって仕方なくなるのでコーヒーを飲んでいたのですが、その反動が夜訪れるという生活を続けていたのです。

 

 

 

意外とこういう人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

夜眠れなくて昼間眠くなるから、昼にコーヒーを飲む。そしてコーヒーの飲み過ぎによって夜眠れなくなるという悪循環が続いている人は絶対に私だけではないはずです。

 

 

 

コーヒーを飲み過ぎたら眠れなくなるというのは常識中の常識レベルですが、あまりにも当たり前過ぎて忘れてしまうことが多いのです。特にカフェインに弱い人はカフェインを摂り過ぎてしまうと物凄く効いてしまうので気をつけてください。

 

 

 

 

カフェインを摂り過ぎるとネガティブになります。

 

 

 

 

うつ病の症状に近くなります。私は一度カフェインを摂り過ぎて何をしても面白くなくなり、「自分はダメだ……自分はダメだ……」とずっと考えていたことがありましたが、こういう精神状態になったときはカフェインの摂り過ぎを疑ってください。

 

 

 

 

カフェインを摂り過ぎるとネガティブになり、眠れなくなります。

 

 

 

カフェインをなるべく摂らないように心がければ眠れる可能性はアップします。ちなみに、カフェインの覚醒作用は8時間から14時間と言われており、物凄く長いのです。だから昼間飲んだコーヒーのせいで夜眠れなくなるということはよくあるのです。

 

 

 

また、カフェインはメラトニンを減少させてしまいます。

 

 

 

メラトニンは生体の日内リズムを合わせるホルモンです。このメラトニンという名のホルモンが減少してしまうと生体リズムが乱れ、「夜寝たいのに眠れない」という事態を引き起こしてししまいます。

 

 

 

カフェインは長時間作用し、体内時計を狂わせてしまう働きを持っているのでできれば摂取しないことをオススメいたします。

 

 

 

ちなみに、カフェインが一番多い飲み物はコーヒーではありません。

 

 

 

玉露です。

 

 

カフェイン,飲み物,飲まない,眠れる,眠れない,

 

 

 

コーヒーもカフェインが含まれていますが、日本人が好む玉露の方がカフェインが多いのです。なんと、玉露に含まれるカフェインはコーヒーの2倍。

 

 

 

意外と玉露にカフェインが多く含まれていることを知らない人が多いので、玉露をグイグイ飲んで夜眠れなくなってしまう人はたくさんいらっしゃるのです。

 

 

 

玉露とコーヒーはなるべく控えた方が良いでしょう。この2つの飲み物を控え、カフェインの摂り過ぎを防げば不眠から逃れる可能性が高くなります。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


カフェイン,飲み物,飲まない,眠れる,眠れない,

関連ページ

日中に激しい運動をするとよく眠れるようになる
日中に激しい運動をするとよく眠れます。しっかり眠りたければ運動をするようにしましょう。
知的労働を長時間続けるとよく眠れる
知的労働を長時間続けると頭が疲れてよく眠れるようになります。しかし、知的労働でストレスを溜めてしまうのはタブーです。
泥のように眠る人は疲労が溜まっている
泥のように眠る人は精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まっています。
眠るのが怖いときに良く効く対処法
眠るのが怖いときは精神的な不安を抱えていることが大半であるため、セロトニンを増やせば解決できる可能性が高いです。
激務が続くと休日は眠れるようになる
激務が続くと休日はよく眠れるようになります。しかし、平日は嫌なことばかり考えて眠れなくなることが多いため、安眠サプリメントを飲むのが大切です。
寝る前に嫌なことを考えないようにする方法
寝る前に嫌なことばかり考える人は多いです。これは完全にセロトニン不足が原因となっているので、セロトニンを補給すれば解決します。
ぐっすり眠る方法の秘訣はセロトニンを摂ること
ぐっすり眠る方法を知りたい人は沢山いますが、こういう人はセロトニンを摂れば解決できることが多いです。
寝る前にネガティブなこと考えないようにする方法
不眠の原因のほとんどは、寝る前にネガティブなことを考えてしまうからです。この悲観的思考はセロトニンを増やすことによって解決されます。
リラックスして眠る方法3選
リラックスして眠る方法を3つ紹介しています。この方法を実践すればあなたもリラックスして眠れるはずです。
なかなか眠れない人に対する6つのアドバイス
なかなか眠れない人に対して6つのアドバイスを記載させて頂きました。安眠を求めている方は当記事を読んで頂けると幸いです。
瞑想は眠れるようになるために効果的
瞑想をするのは眠れるようになるために効果的です。瞑想は脳を休める働きがあるため、眠れない人は実践してみてください。
深く眠るのに必要なのはトリプトファン
深く眠るのに必要なのはトリプトファンです。トリプトファンはセロトニンの原料となってくれるため、絶対に摂らなければいけません。
ランニングをした後は眠れるようになる
ランニングをした後はよく眠れるようになります。私がオススメしたいのが夜で、夜ランニングは私も実践しています。
夜眠れる一番の方法はメラトニンを増やすことです
夜眠れるようになりたければメラトニンを増やしてください。メラトニンは夜眠くなるために必要な睡眠ホルモンです。
すぐ眠る方法10選まとめ
すぐ眠る10個の方法についてまとめています。すぐ眠りたい人は参考にしてください。
深く眠る方法6選まとめ
深く眠るための方法をまとめて6つ紹介させて頂きます。これであなたも深い眠りを手に入れることができます。
ほどよい疲れが一番熟睡しやすい
熟睡したければほどよい疲れを得ることを意識した方が良いです。疲労困憊状態でもよく眠れるのですが、そういう状態は深い眠りにつくのが難しくなります。
仕事のことを考えると夜眠れないときの対処法
仕事のことを考えると夜眠れない人は大変多いです。この悩みはセロトニンを増やしてくれるサプリメントを飲めば解決します。