夜眠れる方法,メラトニン,増やす,夜眠くなる,睡眠ホルモン,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夜眠れる一番の方法はメラトニンを増やすことです

夜眠れる方法を探している人は大変多いのですが、その問いに対する答えは簡単です。

 

 

メラトニンを増やすことです。

 

 

 

メラトニンってなに? 簡単に説明してよ!

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれており、人間を眠りへと導いてくれるホルモンです。メラトニンが少ないと夜眠ることはできなくなります

 

夜眠れる方法,メラトニン,増やす,夜眠くなる,睡眠ホルモン,

 

 

 

率直に言うと、メラトニンが分泌されると人は眠くなります。

 

 

 

夜眠れない人は、そもそも眠くなっていないのです。なぜ眠くなっていないかと言うとメラトニンが不足しているからの一言で終わります。

 

 

 

 

そのため、夜眠りたければメラトニンを増やしてください!

 

 

 

 

 

以上!

 

 

 

 

 

 

……で、終わらせてしまうと納得しない人も多いと思うので、もう少し詳しくメラトニンについて解説させて頂きます。

 

 

メラトニンは夜9時から積極的に分泌されます

 

 

 

メラトニンは夜9時頃から分泌され、夜11時頃にちょうどよく眠気を感じるようになります。

 

そのため、夜の11時になっても眠気を感じない人はメラトニンが不足していることを疑った方が良いです。メラトニンが正常に分泌されていればこの時間帯には眠くなっているはずだからです。

 

 

 

 

夜眠れる方法,メラトニン,増やす,夜眠くなる,睡眠ホルモン,

 

出典 http://www.berry-counseling.com/417/

 

 

 

ただ、メラトニンは強い光を浴びてしまうと分泌されにくくなってしまいます。

 

 

夜眠れない人の大半は寝る前にスマホをいじったりテレビを見たり、パソコンを使用したりしています。そして寝る前に強い光を浴びているからメラトニンが分泌されなくなってしまい、夜眠れないという状態が訪れるのです。

 

 

 

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

有効となる方法は寝る前にパソコンやスマホをいじらないことです。スマホの光はメラトニンの生成を防いでしまいますし、安眠妨害になります。

 

 

「強い光を浴びるとメラトニンは生成されない」ということは覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

メラトニンは年をとると分泌量が減ってしまいます

 

 

 

メラトニンは年をとると分泌量が減少します。

 

 

なぜ年をとるとメラトニンが減少するのかという点ですが、これはセロトニンが大きく関わっています。

 

 

セロトニンは脳内を安定させる物質で、セロトニンが不足するとうつ状態になったり精神的に落ち着かなかったりしてしまいます。セロトニンがメラトニンを作ってくれるので、セロトニンが不足するとメラトニンも足りなくなるというのは覚えておいてください。

 

 

 

そのセロトニンも加齢と共に分泌量が少なくなるのです。

 

 

私はセロトニンが加齢と共に減少するから、メラトニンの分泌量も減るのではないかと考えています。メラトニンの原料となるのがセロトニンであり、原料となるセロトニンが減ってしまうとメラトニンが減少して当然だからです。

 

 

 

そのため、逆に言えばセロトニンを増やせばメラトニンも増える計算になります。

 

 

 

ちなみに、30代になると20代の頃の半分しかメラトニンが分泌されなくなります。これは加齢によってメラトニンの分泌量が減ったことを表すデータになりますが、メラトニン減少の根本的な原因は「セロトニンの分泌量が減ること」にあるのを意識しなければいけません。

 

 

 

まあ、難しいことは考える必要はないのです。

 

 

 

セロトニンを摂ればメラトニンは増える!ということが分かれば問題ありません。

 

 

 

 

メラトニンはどうやって摂取することができるの?

サプリメントを飲むのが一番良いですね。セロトニンが不足しているとメラトニンも足りなくなってしまうので、セロトニンが補給できるサプリメントを飲むのが良いです

 

夜眠れる方法,メラトニン,増やす,夜眠くなる,睡眠ホルモン,

 

 

メラトニン不足=セロトニン不足

 

 

 

こう考えると分かりやすいです。

 

 

残念ながらメラトニンは食べ物からほとんど摂取することができないのです。

 

メラトニンが含む食べ物はバナナやとうもろこし、くるみなどになりますが、それらの食べ物を食べても十分な量のメラトニンを確保できるとは言い難いのです。

 

 

とうもろこしに含まれているメラトニンは非常に少ないです。

 

 

 

なんと、とうもろこし100gに対してメラトニンはたったの0.0001mgしか含まれていません。

 

 

ここまでくるとメラトニンが含まれているのかいないのか分からないレベルです。そのため、食べ物を食べてメラトニンを増やすというやり方は通用しないので諦めてください。

 

 

 

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

 

メラトニンを効果的に増やしたければセロトニンを摂取するのが一番良いです。メラトニンの原料となるのがセロトニンであるため、セロトニンを増やせばメラトニンが増加するという理論は成り立ちます。

 

不眠の悩みにマインドガード

 

マインドガードDXは休息ハーブ飲料なので、「夜眠る」という目的に特化しているのが良いです。

 

 

 

メラトニンはサプリメントを飲まなければ増やすのが難しい睡眠ホルモンです。

 

 

メラトニンを増やして夜ぐっすり眠りたい人はサプリメントを飲んでください。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


夜眠れる方法,メラトニン,増やす,夜眠くなる,睡眠ホルモン,

関連ページ

日中に激しい運動をするとよく眠れるようになる
日中に激しい運動をするとよく眠れます。しっかり眠りたければ運動をするようにしましょう。
知的労働を長時間続けるとよく眠れる
知的労働を長時間続けると頭が疲れてよく眠れるようになります。しかし、知的労働でストレスを溜めてしまうのはタブーです。
泥のように眠る人は疲労が溜まっている
泥のように眠る人は精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まっています。
眠るのが怖いときに良く効く対処法
眠るのが怖いときは精神的な不安を抱えていることが大半であるため、セロトニンを増やせば解決できる可能性が高いです。
激務が続くと休日は眠れるようになる
激務が続くと休日はよく眠れるようになります。しかし、平日は嫌なことばかり考えて眠れなくなることが多いため、安眠サプリメントを飲むのが大切です。
寝る前に嫌なことを考えないようにする方法
寝る前に嫌なことばかり考える人は多いです。これは完全にセロトニン不足が原因となっているので、セロトニンを補給すれば解決します。
ぐっすり眠る方法の秘訣はセロトニンを摂ること
ぐっすり眠る方法を知りたい人は沢山いますが、こういう人はセロトニンを摂れば解決できることが多いです。
寝る前にネガティブなこと考えないようにする方法
不眠の原因のほとんどは、寝る前にネガティブなことを考えてしまうからです。この悲観的思考はセロトニンを増やすことによって解決されます。
リラックスして眠る方法3選
リラックスして眠る方法を3つ紹介しています。この方法を実践すればあなたもリラックスして眠れるはずです。
なかなか眠れない人に対する6つのアドバイス
なかなか眠れない人に対して6つのアドバイスを記載させて頂きました。安眠を求めている方は当記事を読んで頂けると幸いです。
瞑想は眠れるようになるために効果的
瞑想をするのは眠れるようになるために効果的です。瞑想は脳を休める働きがあるため、眠れない人は実践してみてください。
深く眠るのに必要なのはトリプトファン
深く眠るのに必要なのはトリプトファンです。トリプトファンはセロトニンの原料となってくれるため、絶対に摂らなければいけません。
ランニングをした後は眠れるようになる
ランニングをした後はよく眠れるようになります。私がオススメしたいのが夜で、夜ランニングは私も実践しています。
すぐ眠る方法10選まとめ
すぐ眠る10個の方法についてまとめています。すぐ眠りたい人は参考にしてください。
深く眠る方法6選まとめ
深く眠るための方法をまとめて6つ紹介させて頂きます。これであなたも深い眠りを手に入れることができます。
ほどよい疲れが一番熟睡しやすい
熟睡したければほどよい疲れを得ることを意識した方が良いです。疲労困憊状態でもよく眠れるのですが、そういう状態は深い眠りにつくのが難しくなります。
仕事のことを考えると夜眠れないときの対処法
仕事のことを考えると夜眠れない人は大変多いです。この悩みはセロトニンを増やしてくれるサプリメントを飲めば解決します。
カフェインが入った飲み物を避ければ眠れるようになる
カフェインが入った飲み物を飲んでしまうと眠れなくなるため、なるべく飲まないようにしましょう。栄養ドリンクやコーヒーなどにカフェインが含まれています。