瞑想,眠れる,効果的,脳を休める,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

瞑想は眠れるようになるために効果的

よく眠れないときは瞑想を実践することをオススメいたします。

 

 

瞑想,眠れる,効果的,脳を休める,

 

 

私も瞑想を行っているのですが、瞑想は睡眠へと導いてくれる有効な方法の一つです。

 

 

 

「でも、瞑想って凄く怪しいし、まずやり方が分からないし……」という人も多いと思います。

 

 

ご安心ください! 瞑想は誰でも簡単にできるのです。

 

 

 

そもそも瞑想をしている間に眠ってしまうということもよくあります。仰向けになって寝っ転がり、目をつぶりながら腹式呼吸をする瞑想もあります。

 

 

 

これも立派な瞑想の一つで、シャヴァーサナ(屍のポーズ)と呼ばれています。

 

 

 

瞑想,眠れる,効果的,脳を休める,

 

 

 

別名、究極のポーズ。

 

 

 

「ただ寝ているだけじゃん!」と思うかもしれませんが、これが違うのです。ポイントは腹式呼吸をしながら頭を空っぽにすることであり、眠れない人に強くオススメしたい瞑想方法になります。

 

 

 

そもそも、なぜ瞑想をすると眠れるようになるのでしょうか?

 

 

 

1,精神的に落ち着く

 

瞑想をすると気分を落ち着かせることができます。

 

 

これはとても大きなメリットです。眠れない人は大抵昼間行動しすぎたり興奮しすぎたりしているため、気分が高ぶっていることが多いのです。

 

 

気分を落ち着かせたければ腹式呼吸を心がけるのが良いのです。

 

 

 

気分が落ち着くことによってセロトニンが分泌され、安眠へと導くことができます。まず心を落ち着かせるのが眠るための必須条件となるため、「瞑想することによって精神状態が安定してよく眠れるようになる」と認識することをオススメいたします。

 

 

 

2,ストレスを解消することができる

 

これも大きなメリットの1つです。

 

 

「え? 瞑想をやったくらいでストレスが解消できるの?」と疑う人もいらっしゃるかもしれませんが、これが意外と効果があるストレス解消方法なのです。

 

 

そもそも瞑想は精神状態を安定させるための方法です。瞑想をすることによって精神状態が安定し、結果的にストレスが解消するというのは図式として間違っていないのです。

 

 

そもそもストレスが溜まってイライラしている状態だと深い瞑想を実現することができません。

 

 

そのため、瞑想を上手く行いたければイライラを心から取り除く必要があるのです。

 

 

 

 

イライラや心の不安は腹式呼吸で除去することが可能です。瞑想の基本も腹式呼吸です。お腹が膨らむまで息を吸い、お腹が凹むまで息を吐く。これが腹式呼吸の基本で、難しいことはなにもありません。

 

 

ゆっくり吸ってゆっくり息を吐く。これだけで瞑想の基本はマスターできます。

 

 

 

後は、この呼吸方法を繰り返せば良いのです。

 

 

 

そうすることによってストレス解消ができ、眠れるようになるための下準備が終わります。ストレスが溜まっている状態だと眠るのも難しくなってしまうため、まずは深呼吸でストレスを取り除くことから始めた方が良いのです。

 

 

 

3,瞑想をした後は気分がすっきりする

 

 

 

瞑想をした後は気分がすっきりします。

 

 

時間は10分から15分やれば大丈夫です。もっと長くやれそうだったらそれ以上に長くても構いません。

 

 

無理だけはしないようにしてください。

 

 

そもそも瞑想をするというのも「ストレス解消ができ、眠るのに効果的だから瞑想をする」と意識した方が良いのです。瞑想が上手くいかなくて眠れなかったら元も子もないため、瞑想に集中できなかったらすぐに中断しましょう。

 

 

ただ、何も考えないで10分ほど瞑想すると驚くほど気分がすっきりします。

 

 

座りながらやっても仰向けになって瞑想してもどちらでも構いません。ただ、仰向けになって瞑想をした方が瞑想をしたまま眠る可能性が高くなるため、私はそちらをオススメいたします。

 

 

 

 

 

こうしてみると良いことづくめの瞑想ですが、当然の事ながらデメリットもあります。

 

 

 

1,瞑想に集中できないことがよくある

 

 

これは私もよくあります。

 

 

常に瞑想に集中できていれば良いのですが、嫌なことばかり頭をよぎったり瞑想に集中できない環境だったりしたら瞑想を行うのは難しくなります。

 

 

瞑想を集中して行うのに適した環境は静かな部屋ですが、家の中がうるさくて瞑想に集中できないことはよくあります。

 

 

瞑想は環境を選ぶので、その辺りが難しい問題です。

 

 

 

 

2,瞑想をしても頭がすっきりして眠れなくなることがある

 

 

 

 

 

瞑想をすると頭がすっきりします。

 

 

 

しかし、頭がすっきりしすぎて眠れなくなることがよくあります。そういうときは無理に寝ようとしないで起きているのが一番良いのですが、それだと眠れなくて焦るというパターンもよくあるので、根本的な解決にはならないのです。

 

 

どうしても眠れないときは休息サプリメントを使用することをオススメいたします。

 

 

不眠の悩みにマインドガード

 

3,そもそも根本的に瞑想が合わない

 

 

 

これは仕方がありません。

 

 

落ち着いた環境が嫌いだったり、瞑想が嫌いだったりする人は無理して瞑想を行う必要はありません。

 

 

瞑想をすると精神状態が安定してよく眠れるようになるのですが、やはり合う合わないはあります。

 

 

 

 

自分が瞑想をしても眠れないタイプだったら瞑想が合わない可能性が高いので、サプリメントなどを飲んでゆっくり休むことだけを心がけてください。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


瞑想,眠れる,効果的,脳を休める,

関連ページ

日中に激しい運動をするとよく眠れるようになる
日中に激しい運動をするとよく眠れます。しっかり眠りたければ運動をするようにしましょう。
知的労働を長時間続けるとよく眠れる
知的労働を長時間続けると頭が疲れてよく眠れるようになります。しかし、知的労働でストレスを溜めてしまうのはタブーです。
泥のように眠る人は疲労が溜まっている
泥のように眠る人は精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まっています。
眠るのが怖いときに良く効く対処法
眠るのが怖いときは精神的な不安を抱えていることが大半であるため、セロトニンを増やせば解決できる可能性が高いです。
激務が続くと休日は眠れるようになる
激務が続くと休日はよく眠れるようになります。しかし、平日は嫌なことばかり考えて眠れなくなることが多いため、安眠サプリメントを飲むのが大切です。
寝る前に嫌なことを考えないようにする方法
寝る前に嫌なことばかり考える人は多いです。これは完全にセロトニン不足が原因となっているので、セロトニンを補給すれば解決します。
ぐっすり眠る方法の秘訣はセロトニンを摂ること
ぐっすり眠る方法を知りたい人は沢山いますが、こういう人はセロトニンを摂れば解決できることが多いです。
寝る前にネガティブなこと考えないようにする方法
不眠の原因のほとんどは、寝る前にネガティブなことを考えてしまうからです。この悲観的思考はセロトニンを増やすことによって解決されます。
リラックスして眠る方法3選
リラックスして眠る方法を3つ紹介しています。この方法を実践すればあなたもリラックスして眠れるはずです。
なかなか眠れない人に対する6つのアドバイス
なかなか眠れない人に対して6つのアドバイスを記載させて頂きました。安眠を求めている方は当記事を読んで頂けると幸いです。
深く眠るのに必要なのはトリプトファン
深く眠るのに必要なのはトリプトファンです。トリプトファンはセロトニンの原料となってくれるため、絶対に摂らなければいけません。
ランニングをした後は眠れるようになる
ランニングをした後はよく眠れるようになります。私がオススメしたいのが夜で、夜ランニングは私も実践しています。
夜眠れる一番の方法はメラトニンを増やすことです
夜眠れるようになりたければメラトニンを増やしてください。メラトニンは夜眠くなるために必要な睡眠ホルモンです。
すぐ眠る方法10選まとめ
すぐ眠る10個の方法についてまとめています。すぐ眠りたい人は参考にしてください。
深く眠る方法6選まとめ
深く眠るための方法をまとめて6つ紹介させて頂きます。これであなたも深い眠りを手に入れることができます。
ほどよい疲れが一番熟睡しやすい
熟睡したければほどよい疲れを得ることを意識した方が良いです。疲労困憊状態でもよく眠れるのですが、そういう状態は深い眠りにつくのが難しくなります。
仕事のことを考えると夜眠れないときの対処法
仕事のことを考えると夜眠れない人は大変多いです。この悩みはセロトニンを増やしてくれるサプリメントを飲めば解決します。
カフェインが入った飲み物を避ければ眠れるようになる
カフェインが入った飲み物を飲んでしまうと眠れなくなるため、なるべく飲まないようにしましょう。栄養ドリンクやコーヒーなどにカフェインが含まれています。