ぐっすり眠れない,原因,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ぐっすり眠れない6つの原因

ぐっすり眠れないのには原因が存在します。

 

人,眠れなくなる,眠れない原因,

 

ぐっすり眠りたいのに眠れないという人のために6つの原因をまとめて紹介させて頂きます。あなたがこの記事を読んでぐっすり眠れるようになったらこれほど嬉しいことはありません。

 

 

 

1,仕事といった精神的な不安を抱えている

 

 

これは社会人にとても多い現象ではないでしょうか。

 

私も仕事に関しては胃に穴が空くほど悩んだことがあるので気持ちは分かるのですが、どうやら人間は2パターンのタイプがいるようです。

 

 

仕事は上手くいかないことが常ですし、そもそも今の仕事が好きではないという人もいらっしゃいます。

 

そういう人は慢性的にストレスを抱えているので、ストレスによってぐっすり眠ることが難しくなってしまいます。

 

ぐっすり眠りたければ明日仕事でなかったり、ストレスの根本となる仕事を取り除いたりするのが良いのですが、それがなかなかできないとぐっすり眠れない日々が続きます。

 

 

根本的に取り除くのが難しい仕事のストレスは別の形で発散すると良いです。

 

 

 

 

 

 

2,イライラやストレスが溜まっている

 

イライラやストレスが溜まっているのもぐっすり眠れない原因となります。

 

人,眠れなくなる,眠れない原因,

 

ぐっすり眠りたければイライラやストレスから解放される必要があります。イライラしていると寝つきが浅くなってしまい、ストレスを抱えていると何度も起きてしまったり深い眠りにつけない原因になったりします。

 

 

 

イライラやストレスは寝ている間、腹式呼吸をすれば解消することができます。

 

 

呼吸が浅いとイライラしやすくなりますが、深呼吸をすればイライラ解消は容易です。ぐっすり眠りたければ深呼吸を意識してみてください。

 

 

 

3,運動不足になっている

 

人,眠れなくなる,眠れない原因,

 

ぐっすり眠れない人の大半は運動不足です。

 

 

そもそも体が疲れていないから眠ることができないのです。体がクタクタになるくらい疲れていればぐっすり眠れないということはないはずです。

 

 

また、精神的に疲れているとぐっすり眠れます。

 

 

ただ、これは人によって異なり、私はストレスが溜まったら長時間睡眠に走ってしまいます。逆にストレスが溜まると全く眠れなくなるという人もいらっしゃるので、この辺りは体質的な問題の方が大きそうです。

 

 

ぐっすり眠れない人は体の疲労が足りていなかったり、ストレスが溜まりすぎて精神的な負担が大きかったりすることが大半です。

 

 

 

ぐっすり眠れる体質を作りたければ「悩みの根本的原因」を解決するのが一番良いということは覚えておいてください。

 

 

 

 

 

4,食生活が乱れている

 

 

 

 

食生活が乱れているとぐっすり眠ることは難しくなります。

 

お酒を飲み過ぎたり必要な栄養素を取っていなかったりすると、精神状態が乱れます。これは適当に言っているのではなく、本当にそうなのです。

 

 

例えば人は精神を安定させるためにセロトニンという物質を必要としますが、このセロトニンは食生活が乱れていると分泌量が少なくなってしまうのです。

 

 

チーズや牛肉などをバランス良く食べていればセロトニンはしっかり分泌されます。しかし、毎日の食事がコンビニ弁当だったりカップラーメンだったりするとセロトニンの分泌量は少なくなります。

 

 

セロトニンがしっかり分泌されていないから、ぐっすり眠れないという言い方もすることができます。

 

 

 

 

 

 

5,セロトニンが不足している

 

 

これも先ほどの話と続きます。

 

 

そもそも根本的にぐっすり眠れない原因がセロトニン不足だと私は思っています。

 

 

 

先ほど、「イライラしているとぐっすり眠れない」と語りますが、このイライラの原因もセロトニン不足によるところが多いのです。

 

 

セロトニンが足りていればイライラしません。

 

 

セロトニンが足りていないとイライラしたり、悲観的になったり、嫌なことばかり考えたりします。これらは全てぐっすり眠れない原因になっていますが、セロトニンを補充すればこれらの悩みからは解放されます。

 

 

 

 

6,メラトニンが不足しているから夜眠れない

 

 

人,眠れなくなる,眠れない原因,

 

メラトニンは睡眠物質と言われており、セロトニンが不足するとメラトニンも不足します。

 

 

 

メラトニンを作る物質はセロトニンです。セロトニンからメラトニンが作られるので、根本となるセロトニンが不足していると「ぐっすり眠るために必要な脳内ホルモンが足りなくなる」という事態を招いてしまうのです。

 

 

 

そのため、ぐっすり眠りたければセロトニンを補給してください。

 

 

 

セロトニンは昼間運動したり、肉やチーズを食べたりすることによってセロトニンの原料の「トリプトファン」を摂ることができ、セロトニンの分泌量も増えます。

 

 

 

また、セロトニンはストレスによって破壊されてしまいます。

 

 

 

ストレス過多の人ほどセロトニンの量が少なくなり、精神的に落ち込みやすくなります。

 

 

セロトニンが少ない=ぐっすり眠れない。という意味になるため、ぐっすり眠りたい人はセロトニンを補給することを意識すれば世界が変わります。

 

 

 

実際に私は世界が変わりました。

 

 

 

今まで何でぐっすり眠れないのか悩んでいたのですが、単純な話でした。ただのセロトニン不足です。

 

 

ぐっすり眠りたい人はセロトニンが補給できる休息サポート飲料を飲んでください。

 

 

不眠の悩みにマインドガード

 

私はマインドガードDXがセロトニン補給とぐっすり眠る両方の目的を達してくれるサプリメントだと思っています。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


人,眠れなくなる,眠れない原因,

関連ページ

ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなる
ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなります。これは個人差があり、ストレスが溜まり過ぎると寝逃げに走る人もいらっしゃいます。
嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要
嫌なことがあると眠れなくなります。そのため、嫌なことを寝る前に考えないようにするのが良いのですが、実は嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要なのです。
夜眠れない原因はセロトニン不足!?
夜眠れない原因はセロトニン不足であることが大半です。セロトニンを補給すれば深い眠りにつくことができます。
眠れない人は精神的に不安定な人が多い
眠れない人は精神的に不安定な人が多いです。なぜ眠れないのかと言えば、それはセロトニンが不足しているからです。
昼間に興奮しすぎると夜眠れなくなってしまう
昼間興奮しすぎると夜眠れなくなってしまいます。それは交感神経が興奮してしまうからです。
眠れないよーとお悩みの人はメンタルが原因であることが多い
「眠れないよ」とお悩みの人はとても多いのですが、そういう人はメンタルが原因であることが多いです。サプリメントを飲むと解決できる可能性があります。
嫌なことばかり考えて眠れなくなったときの対処法
嫌なことばかり考えると眠れなくなります。それは嫌なことを寝る前に考えることによってストレスが発生しているからです。
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因になるため、昼間栄養ドリンクを飲んだり寝る前に栄養ドリンクを飲んだりするのは控えるようにしましょう。
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまう
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまうのは、眠る前に嫌なことばかり考えてしまうからです。
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足です。セロトニン不足を解消すれば眠れるというパターンも非常に多いのです。
体や頭が興奮している状態だと眠れない
体や頭が興奮している状態だと眠れません。そのため、眠る前はパソコンをしたり運動をしたりすることを控えるのが賢明です。