眠れない,一番大きな原因,セロトニン不足,精神不安定,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

眠れない一番大きな原因はセロトニン不足

眠れない一番大きな原因をご存知でしょうか?

 

 

セロトニン不足です。

 

眠れない,一番大きな原因,セロトニン不足,精神不安定,

 

 

眠れない人はよく「どうして眠れないんだろう……」と考えることが多いのですが、セロトニンが不足しているのが一番大きな原因だと理解してください。そこを理解していただければあなたの不眠を解消することは論理的に考えて可能です。

 

 

 

なぜセロトニン不足だと眠れなくなってしまうのか?

 

 

 

そもそもセロトニンについて簡単に解説すると、セロトニンは人間の精神状態や身体症状を安定させる脳内物質で、このセロトニンという名の脳内物質が不足するとうつ病になってしまったり不眠症に陥ったりします。

 

 

セロトニン不足が不眠症になっている人は大変多く、今はセロトニン量が重要だと言われている時代です。

 

 

 

厄介なことにセロトニンはストレスに弱いです。大きなストレス負荷が続くとセロトニンの分泌量はどんどん低下し、セロトニン不足に陥ってしまいます。うつ病で自殺した人の脳を検査するとセロトニンが極端に不足していたという情報が出回っていますが、これは本当です。

 

 

現に精神科ではうつ病の人のうつを治すためにセロトニンが含まれた精神薬を渡すほどです。

 

 

 

気分が落ち込んだり精神的に不安定になったり、眠れなくなったりしまうのはセロトニン不足です。まず、これを理解する必要があります。

 

 

 

現代はストレス社会だと言われており、多くの人が過剰のストレスを抱えて生きている状態です。だから日本は自殺率が他の先進国と比べて物凄く高いのですが、これもストレスに晒されてセロトニンが不足しているから起きる現象です。

 

 

 

慢性的に眠れない人はセロトニン不足の身体症状が出ています。セロトニンが不足しているとストレスが取れないで嫌なことばかり考えて眠れなくなってしまうのです。

 

 

では、一体どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

一番良いのはセロトニンを増やす生活を心がけることです。

 

 

セロトニンが不足する大きな原因が生活習慣です。特に太陽光を浴びない生活を続けていたり、夜働いていたりする不規則な生活を続けているとセロトニンの分泌量が減ってしまいます。

 

 

 

また、食生活の乱れもセロトニンが不足する大きな原因になります。

 

 

 

食生活が乱れてしまうとセロトニンを分泌するために必要なトリプトファンという栄養素が減ってしまいます。このトリプトファンはチーズや肉といった食品に多く含まれるのですが、あまり牛肉を食べる機会がないとトリプトファンを摂る機会が少なくなってセロトニン不足に陥ってしまいます。

 

 

眠れない,一番大きな原因,セロトニン不足,精神不安定,

 

 

 

結果、夜眠れないという状況を招いてしまうのです。

 

 

セロトニン不足を解消したければストレスを受けない生活を心がけるのが賢明です。例えば仕事をしても無理をし過ぎないように心がけたり、ライフワークバランスが整った生活を送ったりするのが良いのです。

 

 

 

 

しかし、これは理想論でもあります。

 

 

 

「そんなことできるなら最初からやっているよ!」という人が多いのではないでしょうか。おっしゃることは本当に確かで、そんなことができるならやっているはずです。ライフワークバランスを整えるというのも、仕事量を減らさなければ無理な話であり、繁忙期は仕事量が増えてしまう会社が多いので理想論に近い部分があるのです。

 

 

 

そのため、忙しくてセロトニンが不足して眠れない人はサプリメントを摂取するのがオススメです。

 

不眠の悩みにマインドガード

 

私はこのマインドガードというサプリメントをオススメします。

 

 

 

マインドガードは本当に良いです。

 

 

 

マインドガードは「眠れない人」や「深夜に何度も目が覚める」という人向けに開発されたサプリメントで、休息をサポートする目的があります。

 

 

私がマインドガードを良いと思うのは、セロトニンを増やして安眠を得るようにしようというコンセプトで作られたサプリメントだからです。

 

 

 

今やセロトニン不足は大きな問題となっています。しかし、セロトニンが不足しているから不眠に陥るというのは意外と知られておらず、セロトニン不足を軽視している人が多いのも事実です。

 

 

 

 

マインドガードはセロトニンを補給し、質の良い睡眠をサポートするために作られたサプリメントです。このサプリメントを使用して満足している人は大変多く、眠れない人に一番オススメしたいサプリメントです。

 

 

 

特に、寝る前に嫌なことばかり頭に浮かび、将来の不安などが頭によぎる人はセロトニンを摂取すれば解決できる可能性が高いのでマインドガードを飲むことを推奨いたします。

 

 

 

 

考えても仕方ないことは考えない方が良いのです。その方が安心して眠れますし、「何も考えないで寝る」というのが一番良く眠れる方法かもしれません。

 

 

 

 

しかし、それを行うのが難しい理由が存在します。それはセロトニン不足だからです。

 

 

 

私もセロトニンが極端に減っていた時期があるのでよく分かるのですが、セロトニンが足りないときに無理やりポジティブなことを考えても上手くいきません。上手くいかないどころが自分が辛くなるだけなので絶対にやめてください。
眠れない,一番大きな原因,セロトニン不足,精神不安定,

 

 

 

それと同じく、眠れないときに無理やり寝ようとしても眠れるわけがないのです。

 

 

眠れないのには必ず原因があります。それが体質である可能性も十分高いのですが、一番大きな原因として挙げられるのがセロトニン不足です。特にマイナス思考が原因となって生じる不眠はセロトニンが不足していることが大半だと思ってください。

 

 

 

セロトニンを補給した結果よく眠れるようになったという人は大変多いです。だからマインドガードが高く評価されるのであり、生活習慣改善や食生活改善が難しい人はセロトニンを作る原料が沢山入っているサプリメントを飲んでください。

 

 

 

不眠症、質の悪い睡眠は精神病です。質の良い睡眠を確保したければセロトニンを補給して精神状態を安定させるのが必須です。

 

 

逆に言えばそれさえクリアすればあなたも深い眠りを手にすることができます。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


眠れない,一番大きな原因,セロトニン不足,精神不安定,

関連ページ

ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなる
ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなります。これは個人差があり、ストレスが溜まり過ぎると寝逃げに走る人もいらっしゃいます。
嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要
嫌なことがあると眠れなくなります。そのため、嫌なことを寝る前に考えないようにするのが良いのですが、実は嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要なのです。
夜眠れない原因はセロトニン不足!?
夜眠れない原因はセロトニン不足であることが大半です。セロトニンを補給すれば深い眠りにつくことができます。
眠れない人は精神的に不安定な人が多い
眠れない人は精神的に不安定な人が多いです。なぜ眠れないのかと言えば、それはセロトニンが不足しているからです。
昼間に興奮しすぎると夜眠れなくなってしまう
昼間興奮しすぎると夜眠れなくなってしまいます。それは交感神経が興奮してしまうからです。
眠れないよーとお悩みの人はメンタルが原因であることが多い
「眠れないよ」とお悩みの人はとても多いのですが、そういう人はメンタルが原因であることが多いです。サプリメントを飲むと解決できる可能性があります。
嫌なことばかり考えて眠れなくなったときの対処法
嫌なことばかり考えると眠れなくなります。それは嫌なことを寝る前に考えることによってストレスが発生しているからです。
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因になるため、昼間栄養ドリンクを飲んだり寝る前に栄養ドリンクを飲んだりするのは控えるようにしましょう。
ぐっすり眠れない6つの原因
ぐっすり眠れないのは原因が存在します。ぐっすり眠れない人にありがちな6つの原因をまとめました。
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまう
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまうのは、眠る前に嫌なことばかり考えてしまうからです。
体や頭が興奮している状態だと眠れない
体や頭が興奮している状態だと眠れません。そのため、眠る前はパソコンをしたり運動をしたりすることを控えるのが賢明です。