マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまう

マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまいます。

 

 

 

マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

 

 

マイナス思考の人が夜眠れなくなってしまうのは、嫌なことばかり考えて頭が冴えてしまうからです。

 

 

 

あなたは夜寝る前に嫌なことばかり考えて眠れなくなった経験がありませんか?

 

 

 

なぜ夜嫌なことを考えてしまうかというと、気持ちが落ち着いていなかったりセロトニンが不足して精神状態が不安定になったりしてしまうからです。特にセロトニンが不足している状態は嫌なことを考えやすくなるため、眠るのが困難になります。

 

 

 

マイナス思考は性格のように思えますが、実はただのセロトニン不足ということが多いのですね。

 

 

そのため、セロトニンが含まれているサプリメントを飲めば案外簡単に眠れたりします。

 

 

不眠の悩みにマインドガード

 

 

 

 

 

というわけで、眠れない人はセロトニンの原料となるトリプトファンが沢山含まれたサプリメントを飲んで安眠をつかみとりましょう♪

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

って……。

 

 

 

 

中身のないサイトだったら終わらせると思うのですが、当サイトではこんな薄っぺらい情報のままでは終わらせませんよー。

 

 

 

マイナス思考に陥ってしまうのはセロトニン不足というのが原因であるのは確かですが、「手軽にマイナス思考を抑制して眠れる方法」をまとめて伝授させて頂きます。

 

 

 

これらの方法を使っても眠れなかった場合、セロトニン不足である可能性が非常に高い(うつ病の人と同じ脳)のでお気をつけ下さい。

 

 

 

1,自分の好きなことや楽しみなことに意識を集中させる

 

 

マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

 

 

なぜ嫌なことばかり考えてマイナス思考に陥るかと言うと、そういうことばかりに意識を向けるからです。

 

 

実は夜はマイナス思考に陥りやすい時間帯なのです。

 

 

これは人間の動物としての本能かもしれませんが、古代から人間は他の動物に襲われないように夜は警戒度を強めていました。警戒したければいざというときの状況も想定しなければいけないわけであり、昔からの人間としての本能が今も受け継がれているのです。

 

 

 

夜、マイナス思考に陥りやすいのは人間としての防衛本能が働いているからです。

 

 

 

 

嫌なことを考えることにより、危機を事前に回避するという人間の防衛本能が働きやすいのが夜です。そのため、夜はマイナス思考に陥って眠れなくなる人が続出するのです。

 

 

 

そのため、嫌なことばかり考えて眠れないときは自分の好きなことや楽しみにしていることに意識を集中するようにしましょう。

 

 

人間は一度に二つの物事を考えることはできません。今、意識していることしか考えることはできないのです。

 

 

 

その習性を利用して、「自分の好きなことや楽しみにしていることだけを考えるようにする」のをオススメいたします。

 

 

もし、これを行うのが厳しければ脳内のホルモンバランスが乱れている可能性があるため、セロトニンを補給した方が良いです。精神状態が乱れているときは十中八九セロトニンが不足しているからです。

 

 

 

 

2,,寝ながら深呼吸を行う

 

 

マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

 

 

これはお金もかからないですし、とても効果的です。

 

 

実は深呼吸をしているときは嫌なことを考えなくて済むのです。特に腹式呼吸をしているときは「お腹が凹んだり膨らんだりすることに意識を集中させれば良い」ので、嫌なことを考える隙間がなくなります。

 

 

 

何かに集中していると嫌なことを考えなくて済むようになります。

 

 

 

そのため、寝ているときに腹式呼吸を行って心を落ち着かせて「腹式呼吸だけに意識を集中する」という方法を取れば自然と眠れるようになります。

 

 

ちなみに、コツとしては息を吐くときに嫌なことや黒い色を全て流し出す形が良いです。自分の中から悪いものを全て押し出すような感じをイメージして腹式呼吸を行えば効果てきめんです。

 

 

自然と心が軽くなるのを感じるはずです。

 

 

 

 

3,将来今以上に良くなったり、自分が上手くいっている姿をアファメーションをする

 

マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

 

アファメーションという言葉をご存知でしょうか?

 

 

 

アファメーションは思考を現実化させるための方法です。なりたい自分をイメージしたり、自分が望む将来を想像したりすることをアファメーションと言います。

 

 

このアファメーションを行うとよく眠れることが多いのですね。

 

 

 

それも心地良い睡眠を得ることができます。なぜならばアファメーションをしている間は嫌なことを考えなくて済みますし、将来の不安に思考がとらわれて眠れなくなるということがなくなるからです。

 

 

 

先ほど私は「プラスの方に意識を集中させると良い」と述べましたが、アファメーションもその方法の一つだと思ってください。

 

 

 

無理にプラスのことを考えるのが苦手なのであれば深呼吸や腹式呼吸を行った方が良いですし、何も考えないのが苦手なのであればアファメーションを行った方が良いです。

 

 

 

ただ、精神状態が乱れているときは深呼吸もアファメーションも続かない傾向があるため、そういうときは無理して寝ないのが良いです。寝よう寝ようと思ってしまうと逆に眠れなくなってしまい、自分を責める結果に繋がるのでますます精神状態が不安定になってしまいます。

 

 

精神状態が不安定なときは無理しないでゆっくり休んでください。目をつぶっているだけでも体を休めることは可能なので、自分を責めないようにすることが大切です。

 

 

夜、悲観的な思考ばかりになってしまうのは仕方ありません。人間の本能です。

 

 

 

 

ただ、別のことに意識を向ければ嫌なことを考えなくて済むので一度チャレンジしてください。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


マイナス思考,眠れない,嫌なことばかり考える,

関連ページ

ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなる
ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなります。これは個人差があり、ストレスが溜まり過ぎると寝逃げに走る人もいらっしゃいます。
嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要
嫌なことがあると眠れなくなります。そのため、嫌なことを寝る前に考えないようにするのが良いのですが、実は嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要なのです。
夜眠れない原因はセロトニン不足!?
夜眠れない原因はセロトニン不足であることが大半です。セロトニンを補給すれば深い眠りにつくことができます。
眠れない人は精神的に不安定な人が多い
眠れない人は精神的に不安定な人が多いです。なぜ眠れないのかと言えば、それはセロトニンが不足しているからです。
昼間に興奮しすぎると夜眠れなくなってしまう
昼間興奮しすぎると夜眠れなくなってしまいます。それは交感神経が興奮してしまうからです。
眠れないよーとお悩みの人はメンタルが原因であることが多い
「眠れないよ」とお悩みの人はとても多いのですが、そういう人はメンタルが原因であることが多いです。サプリメントを飲むと解決できる可能性があります。
嫌なことばかり考えて眠れなくなったときの対処法
嫌なことばかり考えると眠れなくなります。それは嫌なことを寝る前に考えることによってストレスが発生しているからです。
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因になるため、昼間栄養ドリンクを飲んだり寝る前に栄養ドリンクを飲んだりするのは控えるようにしましょう。
ぐっすり眠れない6つの原因
ぐっすり眠れないのは原因が存在します。ぐっすり眠れない人にありがちな6つの原因をまとめました。
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足です。セロトニン不足を解消すれば眠れるというパターンも非常に多いのです。
体や頭が興奮している状態だと眠れない
体や頭が興奮している状態だと眠れません。そのため、眠る前はパソコンをしたり運動をしたりすることを控えるのが賢明です。