昼間,興奮,夜眠れなくなる,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

昼間に興奮しすぎると夜眠れなくなってしまう

眠れない原因で大きな理由として挙げられるのが「昼間に興奮しすぎること」です。

 

 

 

 

 

あなたは昼間興奮しすぎて夜眠れなくなったことありませんか?

 

 

 

 

昼間,興奮,夜眠れなくなる,

 

 

 

 

不眠症対策に一番効果的なのは交感神経の興奮を抑えることだとよく言われています。実はこれは有名な説ですが、実は交感神経を抑える方法は医者も理解していないのです。

 

 

 

じゃあどうすれば良いんだよ!と思う人は沢山いらっしゃると思います。

 

 

 

まず第一に思い浮かぶのは昼間の行動を抑制することです。要するに心と体は密接に関係しているので、「昼間は興奮しすぎないように気をつけて行動する」のが安眠を手に入れるための近道となります。

 

 

 

つまり、よく眠れるようになりたければ昼間に興奮しすぎないのが一番良いのですね。

 

 

 

 

会社でよく怒ったり怒鳴ったりする人ほど不眠症に悩まされています。これはスポーツコーチや監督によくありがちな特徴になるのですが、こういう人は昼間怒って興奮しすぎて交感神経が活発になり、その結果眠れなくなっているだけなのです。

 

 

 

 

要するに昼間興奮しすぎるのは「寝る準備をしっかりできていない」のと同義なのですね。

 

 

 

また、仕事に集中しすぎると眠るのが難しくなります。

 

 

仕事に集中するのはとても良いことなのですが、昼間仕事に熱中すると交感神経が興奮して眠るのが難しくなってしまいます。不眠症の人に頑張り屋さんが多いのは仕事に一生懸命取り組んでおり、責任感を覚えているからストレスが溜まり、その結果眠れなくなってしまうという人が多いのです。

 

 

 

 

特にセロトニンが足りなくてうつ状態になっている人は一度交感神経が強く興奮してしまうと、なかなか収まらないので眠ることができなくなってしまいます。

 

 

 

運動のし過ぎも昼間興奮する原因になります。

 

 

 

「運動は安眠するのに良いことなんじゃないの?」と思うかもしれません。確かに運動するのはよく眠るために欠かせないことなのですが、運動のし過ぎは逆効果なんです。運動をし過ぎてしまうと交感神経が活発化し、夜も興奮状態が続いて眠れなくなってしまうのです。

 

 

 

ちなみに、夜眠れなくて嫌なことばかり考えてしまうのも交感神経が活発に活動している証拠です。

 

 

 

では、昼間興奮しやすい行動を挙げていくので、夜眠りたい人はこれらの行動を極力控えるようにしてください。

 

 

 

1,スポーツチームの応援をする

 

昼間,興奮,夜眠れなくなる,

 

 

これは交感神経が活発化する原因になります。

 

 

スポーツチームを応援するのはとても楽しくて気持ち良いものですが、スポーツは交感神経を活発化して夜眠れなくなる原因になってしまうのです。特に贔屓のチームが負けたときはイライラしたりストレスが溜まったりしてしまうので、そのせいで眠れなくなってしまう人は大変多いのです。

 

 

スポーツ観戦をやめろとは言いませんが、よく眠りたいときはスポーツに関する情報をシャットダウンすることをオススメいたします。興奮する情報を取り入れると夜眠れなくなってしまうからです。

 

 

 

2,運動のし過ぎをやめる

 

昼間,興奮,夜眠れなくなる,

 

運動をしすぎるのはやめて適度な運動を心がけましょう。

 

 

この適度な運動というのも人によって違うので困ってしまうのですが、あまり運動し過ぎるとストレスが溜まり、浅い眠りになってしまうのでよく眠れなくなってしまいます。

 

 

適度な運動は快眠を手に入れるために必要ですが、運動のし過ぎは逆効果という意識を抱くことをオススメいたします。

 

 

 

3,お風呂はゆるめのお湯にする

 

 

昼間,興奮,夜眠れなくなる,

 

 

昼間や夕方にお風呂に入る場合、あまり熱すぎるお風呂に入るのはオススメできません。

 

 

なぜならば熱いお風呂に入ってしまうと交感神経を刺激し、夜眠れなくなってしまう原因になるからです。また、体が逆に疲れてしまって浅い睡眠になってしまう危険性が高くなります。

 

 

こういう事態を防ぎたければぬるめのお湯に浸かるしかありません。それもゆっくり時間をかけて入るのが一番良いのです。そうすることによって交感神経を刺激しないで済むことができるため、よく眠りたい人は試してみてください。

 

 

 

 

4,昼間興奮していると呼吸が浅くなりがちなので深呼吸を心がける

 

 

昼間,興奮,夜眠れなくなる,

 

 

これも有効な対策方法の一つです。

 

 

昼間は仕事が忙しかったり勉強が忙しかったりして興奮したり集中状態になりやすかったりします。そのため、呼吸が浅くなることがよくあるのですが、呼吸が浅いとリラックスすることが困難になります。

 

 

そのため、意識して深呼吸することをオススメいたします。

 

 

深呼吸は交感神経を抑えるのにとても効果的です。また、不眠症を改善させる有効な方法として深呼吸は推奨されており、不眠で困ったときは深呼吸と覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

個人的には瞑想をオススメしています。瞑想は不眠を解消するだけではなく、精神安定にも効果的なので瞑想をして交感神経の興奮を抑えるのも良いでしょう。

 

 

 

以上が昼間の興奮を抑えて夜眠るための方法になります。

 

 

ただ、これらのことを実践してもどうしても夜眠れないという人は出てきてしまいます。

 

 

そういう人は体に優しいサプリメントを使用することをオススメいたします。

 

 

不眠の悩みにマインドガード

 

マインドガードDXには安眠をサポートするための成分がたくさん入っているため、昼間の興奮を抑えたい人にも安心です。

快眠をサポートしてくれるサプリメントランキング!

一位 マインドガードDX粒タイプ

マインドガードDX粒タイプ


二位 マインドガードDX

マインドガード

三位 北の大地の夢しずく

夢しずく


昼間,興奮,夜眠れなくなる,

関連ページ

ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなる
ストレスが溜まり過ぎると眠れなくなります。これは個人差があり、ストレスが溜まり過ぎると寝逃げに走る人もいらっしゃいます。
嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要
嫌なことがあると眠れなくなります。そのため、嫌なことを寝る前に考えないようにするのが良いのですが、実は嫌なことがあると眠れなくなるのは医学的に重要なのです。
夜眠れない原因はセロトニン不足!?
夜眠れない原因はセロトニン不足であることが大半です。セロトニンを補給すれば深い眠りにつくことができます。
眠れない人は精神的に不安定な人が多い
眠れない人は精神的に不安定な人が多いです。なぜ眠れないのかと言えば、それはセロトニンが不足しているからです。
眠れないよーとお悩みの人はメンタルが原因であることが多い
「眠れないよ」とお悩みの人はとても多いのですが、そういう人はメンタルが原因であることが多いです。サプリメントを飲むと解決できる可能性があります。
嫌なことばかり考えて眠れなくなったときの対処法
嫌なことばかり考えると眠れなくなります。それは嫌なことを寝る前に考えることによってストレスが発生しているからです。
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因
栄養ドリンクの飲み過ぎは眠れなくなる原因になるため、昼間栄養ドリンクを飲んだり寝る前に栄養ドリンクを飲んだりするのは控えるようにしましょう。
ぐっすり眠れない6つの原因
ぐっすり眠れないのは原因が存在します。ぐっすり眠れない人にありがちな6つの原因をまとめました。
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまう
マイナス思考の人ほど眠れなくなってしまうのは、眠る前に嫌なことばかり考えてしまうからです。
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足
眠れない一番大きな原因はセロトニン不足です。セロトニン不足を解消すれば眠れるというパターンも非常に多いのです。
体や頭が興奮している状態だと眠れない
体や頭が興奮している状態だと眠れません。そのため、眠る前はパソコンをしたり運動をしたりすることを控えるのが賢明です。